先日、トマトの成分を濃縮し、タブレットにして販売していた商品が、痩身に効果がないのに、あたかも効果があるような広告を行なっているのは、優良誤認であり、景品表示法違反という報道があったばかりです。女性 ヒゲ

しかし、こういう報道があるたび、そもそも健康食品という定義がなく、一切規制がないからこそ、次々と新たな健康食品が出現し続けてきているのではないかと思ってしまいます。コンブチャクレンズ 肌荒れ

なるほど、トマトは西洋の諺でもトマトの実が赤くなると、医者の顔は青くなるとの例えがあるくらい、以前からトマトの効用は指摘されてきました。コンブチャクレンズ 口コミ

トマトには、ベータカロチンやリコピンを多く含み、抗がん作用や抗ウイルス作用があることは良く知られています。ソランシアリムーバークリーム

ですが、その有効成分のみを取り出し、あたかも薬のような効果があるような宣伝を行なうのでは、薬と同じです。NEWコントロールジェルME

健康食品に似たようなものに、特定保健用食品とサプリメントがあります。NULLリムーバークリーム

このうち特定保健用食品は、人体に実際に効果があることを証明できれば審査の対象となり、認可されれば特定保健用食品という名前を謳うことができるので、ある程度の信頼性はあります。脱毛 種類

しかしサプリメントは、栄養補助食品とも呼ばれ、人体に不足している物質を補うための食品とされていますが、形状はカプセル状、タブレット状とほぼ薬と見分けがつきません。ピーチローズ 口コミ

国でもはっきりと健康食品についてのルールを整備した上であれば、購入してもいいと思うときもあります。ヒアルロン酸

現在のように薬と紛らわしい形状や宣伝方法では、とても食品とは思えません。スルスル酵素 口コミ

昨今では、食品企業の大メーカーも参入してきているので、ぜひともルールの整備を行なってもらいたいと思います。