O脚の人の足は、細くてきれいな足でも、O脚ということで、だいぶ損をしていると思います。せっかく細くてきれいだから、堂々とミニスカートなど履きますが、立ち上がるとO脚で、そのスタイルが台無しに思われることが多いと思います。 O脚は、足がまっすぐ立てないということです。筋肉を鍛えればO脚は治るはずです。ですから、膝をくっつけるように足に力を入れれば、次第に足の筋肉が付き、まっすぐに立てるようになると思います。 普通に立っている人には、O脚の人の悩みなど分かりません。O脚の人も、きっと、気づいた時にはすでにO脚だったはずです。徐々にO脚になる人って少ないと思います。ですから、子供のころから、立ち方に癖があったのではないかと思います。 せっかくのきれいな足をO脚で損しないために、家で出来る、膝に何かをはさんで筋肉をつけるトレーニングをすれば、だんだん治っていくのではないかと思います。O脚は治りますので、頑張ってみましょう。