スマホを持っているという人は、だいぶ多くなってきたと思います。町中や電車の中でも、スマホを持って何か操作をしている 人をたくさん見かけます。そうした中、よくニュースで言われることが多くなったのが、歩きスマホの危険性についてです。 歩きながらスマホに夢中になるあまり周囲の状況がわからなくなって、人や物にぶつかってしまうということがよく起こって いるそうです。特に、駅などではお年寄りにぶつかって事故になりそうになったというような話も聞きます。 確かに、自分が町中を歩いているときを思い出しても、前からスマホを操作している人が歩いてくると、こちらの様子が 見えていないような感じがして危ないと思ったことがあります。 このような場合には、ゲームなどに夢中になっているケースが多いのかもしれません。一方、スマホには地図を見ながら 歩くことができるというような機能もあります。このような場合には、周りへの注意は散漫になっていないかもしれません。 便利なスマホですが、ゲームなどのように没頭してしまうようなものは、歩きながら操作しないようにするべきでしょう。